自律神経失調症の治療法

自律神経なんて普段はききなれない言葉かもしれませんね。でも症状を聞くと誰でも少しは思い当たる節があるかもしれません。なんか歩こうとするとくらくらするな、なかなか寝付けないな、倦怠感を感じるな。というストレスからくる様々な異常です。

自律神経失調症を治療するためには、薬を投与したりするだけでは解決になりません。元々の患者さんの志向、考え、性格、環境や人間関係との関わり合い方などを変えていかなければなりません。

では実際になったらどうなるのかというと、これがまた複雑です。一つずつ解説していきますと、風邪っぽい、頭痛、肩こり、寝つけなさ、食欲減退、倦怠感、めまいなど・・・これでもまだ一部なのですが、これらが複数同時に症状としてあらわれることがあります。

これらの症状は、健康な人でも一つずつに焦点をあてると誰でもなるものです。そのため医師に診断してもらっても見落としてしまうことがあるのです。自律神経失調症を治療するためには、正しく症状と原因を把握することから始めましょう。

相互リンクサイト様

【ビジネス:事業再生】

経営の相談、企業再建ならこれまでに180社以上の企業・事業再生を手がけてきた中小企業専門の事業再生コンサルティングをおすすめします。机上の学問的な情報ではなく、実践で培われた事業再生、企業再生のノウハウをもとに経営者を救い、また税理士の方向けのネットワークで日本の中小企業を救っています。

2013年の3月に遂に終了した中小企業金融円滑化法(モラトリアム法)についても、今後どのように変わっていくのか、対策をたてていけばよいのかを講演されました。